名刺を作る時の注意

自分の持っている名刺がもし、相手になんの印象も与えないような普通の『名刺』だと大変もったいないです。
名刺一つ取っても、どんな名刺を作るかで、今後の取引の主導権を握れたり、尊敬されたり、より心に印象を残す事ができます
 例えば、名刺を受け取り、しばらく経ってからその人やその会社のことを思い浮かべたとき、受け取った『名刺』がどんなものだったかが思い浮かばないような『名刺』ってよくありますよね
世の中の大半の『名刺』は、この部類に入る筈です。
シンプルが悪いというわけではありません。
ただビジネスは第一印象が大切です。競合他社に負けず、思い出してもらって捨てられたり、無くされたりせず、いざというときにはすぐに見つけてもらえる名刺を、どうせ作るのなら作っておきましょう。

たとえば 私が、ある店長と名刺交換をしたときのことです。
私は店長から受け取った『名刺』を見て思わず、素敵な名刺ですね・・と簡単しました。
その瞬間、話の主導権は店長さんに移り、名刺についてこんな事を教えてくれました。
「この名刺は、少しお金をかけているんですよ。」「用紙にもコダワリました。」と言いながら、「名刺は、やっぱりお店の顔ですからね。」と一言。
素直に「かっこいいなこの人」と思いました。

会社の営業マンからすれば、名刺を出したら相手から「かっこいいですね」といってもらえる名刺だと、自信を持って営業の時に出す事ができます。
社員がかっこいい名刺を持っていれば、アルバイト達は「shop名刺ではなく自分専用の名刺が欲しい」と頑張って社員になろうとするモチベーションの一つになるかもしれません。

なので、名刺を作るときには「できるだけ安く作れるところ」という考えで選んでしまうと、ただあるだけの名刺になってしまい、渡してもすぐに無くされてしまう名刺になってしまいます。

名刺を作るときは、
・相手の印象の残る名刺
・名刺で少しでも売上につながるデザイン
・自分も従業員も自信を持って名刺交換したくなる名刺
そんな提案をしてくれる業者に頼みましょう。

このように、ちょっとした仕掛けで同じ予算で同じ販促物を用意しても、全然反響が違っています。
名刺だけでなく、チラシや、ポスティングや新聞折込、WEB広告にホームページ集客。
何か、販促を考えておられる場合は、絶対にプロのアドバイザー的な人に相談してください。
名刺やショップカードを作るのでしたら、ただ名刺を作ることが目的の印刷屋さんよりも、名刺を使って集客することが目的のコンサル業者にまず相談してみる
ホームページを作るのでしたら、安いホームページを作ることが一番の売りのホームページ屋さんよりも、ホームページを使って集客することが目的のコンサル業者に相談してみる。
この、集客のアドバイザーに相談を受けてから広告をすると、同じ広告予算でも売り上げは全然変わってきます。
私たちにご連絡いただければ、どんな集客方法にも共通する、顧客心理、購買心理を応用した「無料アドバイス」であなたのお店の費用対効果の高い集客方法を提案します

無料相談を試してみる

ページ上部へ戻る