折り込みチラシ・ポスティング代行

折り込みチラシやポスティングの効果を上げる方法

街頭配布とポスティング(新聞折り込み)のどちらが効果的か

人間の心理として、何か別の目的があるときに情報を渡されるより、何も考えてないときに情報が入って来た方が、購買意欲が高まるという心理学の結果があります。
 つまり、実は忙しく道を歩いている時にチラシを渡されるより、家で何も考えずにポストを開けた時に入っていたチラシを見たときの方がいい反応を示すという事です。
お店が暇なときは、スタッフに店頭や駅前でチラシを配らせているけど、あまり反応が無いなと思うオーナー様は、一度同じチラシで私たちに相談してみてください。
あなたのお店の業種や地域、ターゲットやチラシの内容を見て、費用対効果の高いチラシの活用法を無料でご提案させていただきます。
配布する地域や住宅タイプ、時間や曜日を考えた上で、チラシの配布の方法をプロにアドバイスしてもらう事で、結果、短期間で費用対効果を上げられる事でしょう。

折り込みチラシの特徴

新聞折り込みチラシのメリットは、その地域の新聞購読家庭全てにチラシが配られる事です。超有料見込み客がたくさん住んでおられそうな、高級住宅街や高層マンションは得てしてチラシ投函禁止になっている場合が多いですが、新聞広告は関係なく見込み客にチラシを届ける事ができます。2014年の記事によると、各年代における新聞の購読率は、60代:63.0%、50代:52.7%、40代:37.5%、30代:27.3%、20代:8.5%、10代:5.0%です。また新聞の購読者のなかでも、比較的に主婦層に多いのは、新聞自体はあまり読まないけど、チラシは楽しみにしているというご家庭です。 たしかに新聞本体は、ご主人が会社に持っていき、奥様はチラシを後でゆっくり見る。などというケースは多いでしょう。

また、新聞折り込みチラシを楽しみにしているという事は比較的、チラシを見る時間をわざわざ取った上で、好意的な感情の前提条件でチラシを見ていただけるという事も重要なポイントです。

そのため、主婦や高齢者がターゲットの商品やサービスの紹介に対しては、都心部から少し離れた住宅地域の西宮や芦屋、尼崎付近でのチラシの効果は非常に高い統計がでております。

ポスティングの特徴

ポスティングでチラシを配布する事のメリットは、新聞を取っていない住宅にも届き、郵便ポストへダイレクトに投函するために目立ちやすい。という特徴があります。

ただ、重要なポイントは、折り込みチラシを受け取った時の見込み客の心理は「またチラシが入っている・・・」というマイナスの感情の場合が多いのも特徴の一つ。ですから、説明をしっかり書いてあるようなチラシよりも、インパクトと分かりやすさが非常に重要になってきます。

心をつかむ画像や、驚きの価格、使わないと損だと感じるくらいのお得なクーポンなどがありつつ、対象年齢や性別に縛りが無く、広い層に向けた商品やサービスであれば効果が高い統計となっています。

チラシの効果を高めるために重要な事

チラシの用紙サイズ

新聞折り込みの場合は、通常B4サイズを選ばれる店舗さまが圧倒的に多いです。

反響を上げるポイント

「有効期限」「定員数」「お得に感じるキャンペーン」この三つは必須です。
限定感が全く違ってきます。

注意点

あくまでも集客目的のチラシの場合、店舗のブランディング訴求は控えめにする事。
ブランディングにとらわれてしまうと、目立たせたい「キャンペーン情報」も目立たなくなってしまいます。

チラシを配布するのに適した曜日

月曜日

月曜日は仕事の始まりということもあり、男性の集客や認知してもらいたいサービスには向いていません。向いている業種は、一週間通してセールをする場合や土日遊んだから勉強に対する視線を向けやすいために学習塾関係の広告は反響がでやすいデータがでています。

火曜日

火曜日は平日では一番折込チラシが多くなる傾向があります。月曜日は祭日が多く、チラシ配布のセオリーでは、セール情報は火曜日を中心に宣伝する方が費用対効果が高いと言われています。

水曜日

ここからは週末に向けての戦略として、家族向けのサービスを提供する業種が効果がでやすいデータがでています。 

木曜日

家族でお出かけをするイベント情報に関するチラシが効果的です。相談会やセミナー情報、見学会、不動産関係などのイベント案内チラシが反響がでやすい曜日です。

金曜日

土日の休日の過ごし方に関する業種や、家族で話し合って購入を決めるちょっと高めの商品、将来設計に関連した折込チラシや、子供のスポーツ関係の習い事などのチラシが特に効果が上がります。また、男性を対象にした、自動車関係や家電量販店のチラシも来店率が上がる傾向があります。

土曜日

一週間で一番チラシが多い曜日です。家族で相談をしたり週末休みの男性を対処にしたチラシも多く、埋もれてしまわないような工夫が必要です。具体的には自動車、自転車、家電、アパレル、飲食店、墓石・仏壇 冠婚葬祭、不動産、スポーツ、レジャー、ゴルフ、パチンコ、居酒屋、ファミレスなど大半のジャンルで効果が出るため、迷ったら土曜日にチラシを打つといいかもしれません。ただ、ライバルが多いために、ちょっとした工夫は絶対してください。例えばチラシの厚さは90Kg以上の厚手にして、B2両面フルカラーにするのは必須です。できれば高級志向のデザインにすると、特に注目されて見てもらえる可能性が高くなります。

日曜日

日曜日は西宮、芦屋、尼崎近辺の傾向として、飲食店関係のチラシは来店率がぐっと下がるのでおすすめしません。効果が上がりやすいデーターが出ているのは、子供の習い事や塾、平日に家族で話し合いが必要になるようなサービスのチラシです。大人向けでは、スキルアップ系や仕事に関連したチラシが効果を出しやすいデーターがでています。

反響の相場

チラシは一度で効果が出ることはほとんどありません。1〜2回のチラシ配布で効果を期待できる業種や商材もありますが、本当に稀なことです。心理学でいうと、単純接触効果の概念で反復性効果と言うものがあります。俗に3ヒット理論と言われるものですが、人は同じチラシを3回見ることで信頼し、購買意欲を感じると言うものです。一番の効果がある方法は、広告媒体を3種類使って、同じサービスを3パターンで知ってもらうことが一番効果が高く、予算的に3種類の広告媒体を使うことが難しい場合は、同じ広告媒体でもいいので、1ヶ月〜3ヶ月の間に3回、同じサービスの情報発信をしないと効果があまり上がらないと言う統計がでています。これは西宮近辺だけでの統計ではなく、世界中の広告の分野で最も常識とされている販促テクニックです。3回反復させることにより消費者の意識を変化させることができるため、テレビCMやテレビ通販、政治的活動でもよく使われている手法です。

チラシの反響率の目安。

 

リフォーム、塾、美容院のチラシ
住宅、エステ、ネイル、居酒屋、フィットネスのチラシ
スーパーのセール 

:1人/2000枚
:1人/1000枚
:1人/ 100枚

折込チラシ、ポスティングの料金

新聞折込

5,000枚

10,000枚

25,000円

45,000円

ポスティング

通常配布20,000枚

町名指定

曜日・日時指定

ローラー配布指定

事業所チラシ営業配布

5円/1枚~

1.5円~/1枚 UP

1.5円~/1枚 UP

1.5円~/1枚 UP

100円~/1社 UP

無料見積もりを希望する場合は下記を入力してください。





お問い合わせ項目 (必須)

会社名・店舗名・屋号 (必須)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (Email 確認必須)

ホームページをお持ちの場合は、URLをご記入ください

お問い合わせ詳細はこちらへどうぞ

ページ上部へ戻る