チラシ(士業)

Shortcodes Ultimate

<h3>士業がチラシで顧問を集める為のポイント</h3>

士業にとって一番、顧問先を集めやすいのは春から夏にかけて。

なぜかというと、企業や店舗にとって「弁護士」「税理士」「行政書士」「社労士」が必要と感じるのがこの時期だからです。

【税理士と出会えば喜んでくれる経営者のパターン】

●昨年まで、どんぶり感情でやりくりしてたり、一人でなんとかやってきたけど、今年からはちゃんとしないとまずいな・・・と思っている経営者

●今年からお店や会社の経営を始めた経営者が、はじめは自分でやろうと思ってたけど、日々の業務に追われて経理なんてつけてられないとわかったものの、事務員を雇うほど売り上げがないため、どうしたらいいかわからず悩んでいる経営者は意外と多いものです。

 

【行政書士と出会えば喜んでくれる経営者のパターン】

●一年間の計画を立てるときに、その計画を実行する上で必要になる設備や広告費などの一部(もしくは全部)を補助金でまかなうことができることを提案することで、個人店舗や中小企業の何かあったら頼ってもらえるようになります。

【社労士と出会えば喜んでくれる経営者のパターン】

●春に正社員を雇おうとしているところは多いのですが、意外と助成金をもらうことができることを知っているオーナーさんはごく一部。だから社員を雇うなら助成金が色々使えることを教えてあげることで、とても喜んでいただけます。

【弁護士と出会えば喜んでくれる経営者のパターン】

●昨年はそこそこ売り上げが上がり、今年はもっと他県に出店や、企業規模を大きくしようと考えているため、商標登録の方法やトラブルの時の相談などがすぐできる弁護士が周りにいたらいいのになと考えている経営者は意外と多いものです。

もちろん士業はなかなか広告を積極的に打って営業活動を代々的にすることができないというのが一般的ですが、実はさまざまな方法で法律に違反しない営業活動の仕方はありますし、打ち上げを上げてたくさん顧問先を抱えている事務所は、上手に営業活動をしている場合もあります。

士業として資格をとれば、後の生活が明るくなるという保証は何もないのが現実です。資格を取得してもお客さんを自分で見つけられなければ生活が出来ません。

同業者が営業活動を全て自粛しているのでしたら法律に反しないような営業活動ができたら、ライバルと差をつけて顧問先を増やすことができます

士業の立場で仕事を受注するのは、普通の営業マンよりも実は難しいです。

立場上、先生と呼ばれているので普通の企業の営業マンのように売り込みが出来ません。飛び込み営業もテレアポ営業も出来ません。

そのため、士業の先生方は間接的にお客さんから問い合わせが来るような営業活動をしなければならないのがキーポイントです。

士業が顧問先を見つけるのは

1.知人や友人からの紹介
2.商工会議所等の公的機関の専門相談員
3.〇〇塾、セミナーや勉強会の開催
4.ホームページやメルマガを使った情報発信

という手段がありますが、(1)の場合は1.2年で枯渇してしまうでしょう

(2)は誰もができるものではなく、ごく一部のコネがある人しか獲得できません

(3)や(4)でどれだけ動くことができるか、相手から問い合わせが来るような土台ができるかどうかで経営が安定するくらいの顧問先を抱えることができるかどうかが決まります。

あと、重要なのは、営業は自分でするのではなく、営業代行業者に依頼すること。

事務所に営業担当者がいればもちろんいいのですが、なかなか新規開拓の営業マンを雇うと人件費がかさみます。

しかも、士業という業種上、あまり顧客が多くなりすぎても仕事が回りません。 ですので新規顧問を増やしたい時や、暇な時期、顧問先を獲得しやすいシーズンなど必要な時のみ利用することができる営業代行を利用する方が、費用たい効果が高くなります。

しかも受身で相手からの問い合わせに対応してあげるスタンスで顧客を獲得することができるので、気持ちが楽になります。

営業代行業者とは?

そして、ホームページからの問い合わせを増やす戦略に力を入れましょう。

ホームページは即効性はないものの、後々安定してクライアントからの問い合わせを勝手に集めてくれるツールです。

数年後、顧問先と問い合わせを安定させるために、絶対【まともなホームページ】を一番初めに作っていてください。

まともなホームページとは

「ここに頼むとクライアントがどんなメリットがあるかが明確にイメージできる」

「何が得意分野かわかりやすい」

「事務所に信頼性を感じられる」

「かかる費用が明瞭で安心できる」

ということが揃うホームページです。

テキストが大半で分かりにくいホームページを自分で作るよりも、プロのWEB制作会社に依頼した方が、結果顧問先集めがスムーズに行き、短期間でWEBからの安定した問い合わせや依頼が入ってくるようになりやすいものです。

士業に慣れていない経営者や一般人は、まずインターネットで調べます。 

その時に検索に引っかかるようにQ&Aをたくさん入れたり、事例を紹介するとアクセスはどんどん増えてきます。

毎日じゃなく、暇な時でもいいので、クライアントが必要になりそうな情報や助成金情報をSNSに投稿する感覚で、ときどき掲載しておくだけで、自然とアクセスが集まってきて問い合わせも増えてくるでしょう。

そして即効性のある集客対策として、WEBと併用して、自分のオフィスの周り半径1〜3kmほどの周辺の企業や店舗に「あなたのお店の近くにこんな便利な専門家がいるんだよ。 気軽に相談に来てください」という情報をチラシに乗せて、ポスティング業者に配ってもらいましょう。

何月は、オーナーがどんな内容に悩んでいるかというのはわかると思いますので、その数ヶ月前から準備をして、ピンポイントのタイミングで提案できるようなチラシ(案内)計画を立てましょう。

年明けはいろんな士業それぞれ忙しいものです。 しかし春になると、途端に仕事が落ち着いてしまうなんてことはありませんか?

この4月に、いろんな事業主は何から専門家 (士業)に相談したいという方は世間にたくさんおられます。

そんな地域のニーズにピンポイントで答えるためには即効性があるのはチラシを作成してプロのポスティング業者にお任せすることです どんなメニューがあるかではなくて、ここに行けば自分はどんなふうに変わる事ができるのか」という事がチラシを受け取った人にイメージできるかどうかが来店に伝わるかどうかの大きなポイントです。

チラシを受け取った人がそう感じそうなチラシを作っていますか?
そんなチラシをしっかり作ればチラシを作成するのにかかった費用の何倍、何十倍もの利益となるはずです。
チラシで反響が無いオーナー様は一度、今持っている自分のチラシを確認してください。 
そのチラシは、もしかして店舗のメニューや価格がチラシ紙面の大半を占めていませんか?
お客様が一番に知りたい「自分がどう変われるか」「自分と同じような他の人はどんなに変わったか」などの情報が一番目立つように書かれていますか?

経営で一番大事な集客に直結する「チラシ」「ホームぺージ」は絶対に自分や友達に作ってもらってはいけないのが原則です。
自分で自宅でエステをするより、プロにプロの機材を使ってもらってエステをした方が圧倒的に効果が出るのと同じく、販促ツールはプロが作ると反響が全然違います。
結果、半年、1年で見ると
【節約して時間をかけて作成したもの】から上がる売上よりも、【しっかりお金をかけてプロにまかせて作成したもの」から上がる売上の方がはるかに高く、最短でコストを回収して利益につながるという事がほとんどのケースです。

もし、あなたのお店が集客に悩んでいるのならば、一度私たちの無料相談で「どこを」「どのように」変えればもっと反響が良くなりそうかアドバイスをもらってください。
30分ほどのカウンセリングで、あなたのお店の業種、価格帯、集客したい客層や年齢層、立地条件、競合などを鑑みて、ベストな集客方法と具体的な指示を無料で提案させていただきます。

出張の無料相談は、お問い合わせフォームよりお送りください。

無料出張相談の対応地域
【兵庫県】
神戸市、西宮市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、宝塚市

【大阪府】
大阪市、豊中市、池田市

【広島県】
広島市

ページ上部へ戻る