スマートフォンサイト作成

スマホサイトが必要か、必要ではないかを判断する基準

サービスを提供したいお客様層は、スマホで検索してくる事もありそうですか?

パソコンで検索される方よりスマホで検索される方が圧倒的に多いのが現代の特徴

お客様の為にスマホサイトを用意した方がよく、集客につながりやすいケース

・販売価格や客単価がそこまで高くないサービスを扱っている場合
(飲食店、日用生活品や雑貨などの物販、アパレル)

・お客様が、外出先などで急に必要とされるサービスを提供している場合
(修理、病院)

・対象客が学生、主婦層、個人ユーザー、ファミリー層
(娯楽、美容院、エステサロン、ネイルサロン)

・外国人観光客に今後PRしていきたい場合

・チラシや、ショップカードを作成している場合
(特にチラシやショップカードを店外に設置していたり、他店と相互設置している場合)

・Googleなどの検索エンジンで上位表示させるSEO対策を施したい場合

・SNSなどで、お店やサービスの口コミを拡散させたい場合

スマホサイトがなくても、そこまで影響がないケース

・自社サービスを検索されるユーザーの大半はパソコンで調べられることが想定される場合
(法人企業のオフィシャルサイト、対象が法人の士業、コンサルティング業)

・比較検討されることがなく、ライバルのことを考えなくてもいい独占的な事業
(公的機関、周囲に同業他社がいない店舗、特殊なサービスを提供している企業)

・高級感やブランドイメージを定着させたい

ページ上部へ戻る