SEO対策って何のこと?

1-1.SEOとSEO対策

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字の事を言います。
また、SEO対策は、検索エンジン(Googleやyahoo)において、自分のWEBサイトが希望するキーワードで検索された時に、
検索結果の上位に表示されるよう、WEBサイトを最適化していく事を言います。
つまり、検索エンジンからの正しい評価を受ければ、より関連性の高いユーザーを呼び込めるWEBサイトにする事が出来ます。
また、WEBサイトを検索結果の上位に表示させる為に、WEBサイトの内部・外部対策を行うSEO対策が必要となるのです。

1-2.SEO対策は、基本的にGoogle対策

現在、日本の検索サイト上位2社はGoogleとyahooで、シェア率は90%を超えています。(2017年4月時点)
因みに2番手であるシェア率31.9%のYahooは、2011年よりGoogleアルゴリズム(GoogleがWEBサイトを評価し、検索順位を決定する判断指標)
を採用している為、検索結果はほぼ同じになります。
また、世界の検索サイト1位であるGoogleは、Google一本で90%のシェア率を誇っています。(2017年4月時点)
つまり、Google対策が出来ていれば、Yahoo対策も出来た事になるという事です。
ただしYahooは、Yahoo独自の保持しているコンテンツや提携先の情報なども検索結果に差し込む為、それを理解しておく必要があります。

→SEO対策となるGoogle対策を攻略するには、Googleが何を目指していて、どのようなWEBサイトを求めて要るのかを理解する必要があります。
次の段落では、そんなGoogleについて少し詳しく説明します。

2-1.Googleが理想とするWEBサイト

Googleはユーザーが入力したキーワードに対して、適切かつ豊富な情報提供をしているサイトとなる、ユーザビリティ(利便性)の高いサイトを求めています。
つまり、ユーザーの役に立つ質のいいWEBサイトである事が、上位表示の大原則となります。

2-2.クロールとインデックス

検索エンジン(Google)は、『Googlebot』というシステムを使い、リンクを辿って世界中のWEBサイトを巡回(クロール)し、情報を収集しています。
また、クロールされた情報はGoogle独自の200項目以上の基準で分析され、自社のデータベースに取り込まれます。
このクロールから取り込みまでの一連の流れを『インデックス』と呼びます。Googleは、ユーザーがネット検索した際に、
インデックスの中から関連性の高いWEBサイトを選出し、表示させています。
つまり、Googlebotにクロールしてもらい、適切にインデックスしてもらう事がSEOの基本と言えます。

2-3.Googleアルゴリズム

アルゴリズムとは、WEBサイトの検索順位を自動で決めるための計算方法(プログラム)の事を言います。
Googleアルゴリズムでは、200以上の項目を組み合わせて、その総合点でWEBサイトのコンテンツを評価しています。
これにより、それぞれの検索キーワードから、『検索する人が求めている情報に最も合致しているページの中で、
最も良質なコンテンツが上から順に自動的に表示される』ようにしようとしているのです。

また、このアルゴリズムは定期的にアップデートされ、進化し続けています。アルゴリズムの内容は社外秘である為、断片的な情報しか公開される事はありません。
公開される事のない進化し続ける数多くの評価項目と聞くと、とても難しい課題に思えてきます。
ですが、Googleのユーザビリティ(利便性)を第一とする考え方は決して変わりません。

→次の段落では、Googleアルゴリズムを攻略するにあたっての基本的な考え方を幾つかまとめてみました。

3-1.Googleアルゴリズムを攻略するにあたって

①評価はあくまで総合点であり、項目は『こうしなければならない』という事ではない。
アルゴリズムは、様々なルールが複雑に関係しており、「これをしなければならない」という正解はありません。
つまり、何かができていなくても他の要素で補うことができていれば、上位表示は可能なのです。

②キーワードやジャンルによってルールは異なる。
例えば、2チャンネルまとめなどのニュース系サイトでは、コンテンツの質よりも更新頻度が重視される事があります。
これは、「とにかく早く、最新情報を知りたい」というニーズが強いキーワードだからです。
一方で「コーヒー 淹れ方」などの情報完結型サイトでは、更新頻度よりもコンテンツの質が重視されます。
つまり、情報完結型のサイトを作ろうとしている人が、ニュースサイト運営者のSEO 理論を実践しても、十分な効果が得られない場合があるのです。
まずは、自分の運営サイトに合ったSEO対策を心がけましょう。

③独自のコンテンツ(オリジナリティー)を持った、バラエティ豊富なWEBサイトである事。
Googleは、「子供 アトピー」と検索した際の検索結果が、子供のアトピーの原因と治療法 、アトピーカウンセラーからのアドバイス 、
アトピーに効果的な食事法naverまとめなど、様々な見地からの情報をユーザーに提供しようとします。
Googleはあらゆる方面からの情報をユーザーに提示することで、検索エンジンとしての役割を果たし、ユーザビリティを高めています。
SEO において「オリジナリティ」が重要な理由がお分かり頂けると思います。

④良質な内容で、ユーザビリティの高いWEBサイトとなっている事。
不作為な被リンクや相互性のない内容が目立っていないかどうか。

この事実を基に、もう一度WEBサイトを見直してみると、新たな発見があるかもしれません。

ページ上部へ戻る